×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

針灸について。

私は、慢性前立腺炎を針灸によって治すことが出来ました。
最初の治療で痛みが半減、それから一進一退が続き、一年余で完治しました。

この病気に針灸が有効なのは、針灸の果たす効果、血流をよくする、
免疫力を高める、リラックスできる等があげられると思います。

針灸を施す場所ですが、前立腺のツボである足くるぶし下はもちろんのこと、
太もも内側、膀胱の上、肛門周辺、でん部と、多くの場所があったと思います。

しかし、興味深いのは、針灸を施す場所を事前に押すと、そこに痛みがあり、
毎回、若干場所が変わるってことです。
針灸の先生が、その場所を押すと、確かに痛み、
先生は、「今回はここに移動してるね」って言ってました。

つまり、針灸を施す場所は、マニュアル的に決まっているわけではなく、
体に触れて、直接その場所を体感できる針灸師を選ばないといけないと思います。

毎回、同じ場所ばかりで、あまり変化がないようなら、別の所にいったほうがいいです。
医者は選ばないといけません。

治療費ですが、私の通った針灸院は、初診料7000円、二回目以降は5000円でした。

針灸に対して、何らかの不安感を抱いている人がいるかもしれませんが、
なんともないです。
針はほとんど感じませんでしたし、灸はぽかっとするぐらいでした。
治療後は、こんなんで効果があるのかよって思いましたもん。
それで翌朝痛みが半減ですから、かなり驚きました。

それと、私は、痛み系ですが、頻尿系でも効果がある人もいます。
例えば、前立腺炎治療改善方検討スレッドpart7の973

973 名前:963 投稿日:2006/08/27(日) 18:17:45 VBIBEJKu
>>964

・症状のタイプ
 頻尿→射精時無感覚→性欲減退→右下腹部が体の中に引っ張られる様な感覚→ED→痛み(常時)
 の順で症状が出た。つまり、いい所なし(笑)

 逆に症状が消える順は
 頻尿→右下腹部が体の中に引っ張られる様な感覚→ED→射精時無感覚→性欲減退→痛み(常時)
 だった。

・鍼灸の手法
 普通の日本式の鍼。週1回で14ヶ月ぐらい続けたよ。
 2回目で左足の痛みが嘘の様に消えたのに心底驚いた。右足の痛みが消えてから念のため2ヶ月かよったよ。
 私の行ってた所ははりきゅうなので体に刺した鍼の反対側に「もぐさ」をのせて火をつける。

 尻に出来たしこりのあたり、骨盤の腰のあたりに湾曲した部分が触れるでしょう。そのくぼみの
 少し陰部寄りのあたり。あと、ふくらはぎのあたりにも打たれたけどあまり関係ない気が・・・・・・


追記

井村鍼灸療院

私の通った鍼灸院です。名古屋駅から、ひと駅徒歩五分です。

 


戻る